[モロ☆連載]クリスベクター電動ガンの使い勝手、性能、耐久性レビューVol.3

更新:2019.09.19と


Kriss Vectorとオプティカルサイト(スコープ編)
Text:モロ☆


<前回のクリスベクターの話>
[モロ☆連載]ショルダーウェポンにスコープは必須でしょ!なので早速載せてみた!
https://www.laylax.com/products/list.php?category_id=257


スコープが載って更にゴキゲン(笑)なKriss Vector!


バキバキゲームに使っております。

実際のところ、その使用感はどうなんでしょうね?
というわけで、スコープを載せるとどうなるのか? を詳しく見ていこうと思いますよ!




いやーかっちょええ!
使い勝手もいいんですのよコレは!


載せているのはサイトロンジャパンのミルスペックスコープSOLであります!
視野が広くて快適ぃ!
リアサイトはそのままに、頬付けしてちょうど見える高さにしました。



フロントサイトは敢えて立てたまま!
こうすると、構えた時にスコープのセンター出しがしやすいんです。


これが1.5倍の視野です。



こちらが4倍

特に低倍率の時の視野の広さ!これが使いやすい!
薄暗くても使えるよう、センターのドットにイルミが配されているのもポイントです。


これこれ。
しかも、の切り替え可能!


しかしね、ちょっと気になるコトがあるんですよ。


Vectorって、バレルが結構低いんですよ。
だから、スコープの中心線とバレルの中心線が離れちゃってるんですね。
そうすると、何が起こるかということなんですが・・・


前回のグルーピング計測したときも、もちろん同じ仕様で撃ったんです。
もしかしたらお気づきかもしれませんが、距離によって着弾点が変わりました



こちらが10m。



こちらが18m。

どちらも同じく中心を狙っていましたが、グルーピングの中心同士だとおよそ100mm程度の落差が生まれました。
これが、バレルとスコープの中心線が離れることで起きる現象なんです。
視差(パララックス)といいます。


これを防ぐ為には、サイトを低くしなければならないんですね。
でも、スコープじゃこれ以上低く出来ないし・・・。
そしたら、ダットサイトの方がいいのかぁ?
まだまだ悩みはつきません。
でも、それが楽しいんですけどね(笑)


 

  • "nothing"で検索
4件の商品がございます。
KRYTAC電動ガン本体 KRYTAC クリスベクター リミテッドエディション[限定版]/対象年齢18歳以上

KRYTAC電動ガン本体 KRYTAC クリスベクター リミテッドエディション[限定版]/対象年齢18歳以上

94,380
5つの星のうち4
▼1件
KRISS VECTOR(クリスベクター) 95連 マガジン[3本セット]

KRISS VECTOR(クリスベクター) 95連 マガジン[3本セット]

9,240
5つの星のうち5
▼2件
Quintes sence(クインテスセンス)サイドクランプ スコープマウント
SOLD OUT

Quintes sence(クインテスセンス)サイドクランプ スコープマウント

10,780~12,980
サイトロンジャパン ミルスペック スコープ RS1-4×24mm SHORT SCOPE ”SOL”[Quintes sence MIL]
SOLD OUT

サイトロンジャパン ミルスペック スコープ RS1-4×24mm SHORT SCOPE ”SOL”[Quintes sence MIL]

37,950
5つの星のうち5
▼2件