INFORMATION一覧へ

【LayLaxコラム】よりタクティカルに! M870のエクステリアをカスタム!

2018.04.17

●コンベンショナルなスタイルを一気に進化
だんだん暖かくなってきましたねぇ。
これからの季節は、やはりガスガン!
そんなわけで、ガスブローバック・・・をご期待される気持ちもよく分かる!
しかし今回取り上げるのは、敢えてのショットガンです!


「ショットガンでカスタム?」とお考えの方もいらっしゃるでしょう。
確かに、ショットガンはカスタムしにくい!(笑)
内部機構は結構複雑で、手を入れる余地はあまりないのが正直なところです。


しかし、しかしですよ。


ショットガンてのはご存じの通り、ハンドガンやアサルトライフルとは色々違うわけでございます。
例えば、マガジンを取ってみても、今回取り上げる東京マルイのショットガンシリーズはシェル型のマガジンです。
コンパクトで大量のマガジンを持ち運ぶことができますが、反面装弾数の少なさやローディングの特殊さといった、ショットガンならではの特殊性もまたあるわけです。
そういった部分にはカスタムの余地があるのです!
さらに!
東京マルイといえば高い実射性能に定評のあるメーカーです。
今回取り上げるM870も、ショットガンらしからぬ(笑)弾道性能もまた魅力的です。
ガスなのでフォアエンドのコッキングも軽く、ラピッドファイアアクションとも相まって結構弾をバラ撒けるのもまた魅力!
そんなわけで、このM870の秘めたるポテンシャルは、ショットガンの範疇を大きく超えているともいえるのです。
それを引き出す為にはやはり、インターフェイスの改良は必須!
今回のパーツチョイスは、そんな部分を念頭においてチョイスしてみました!


というわけで、早速M870のカスタムをこまかーくご覧いただきましょう!



いきなり思いっきり細かい部分からいきしょう(笑)
ノーマルではあり得ない部分にレールが付いているのがお分かりでしょうか?
この部分、実に良い場所にレールが着いていますね。
というのも、例えばショットガンにライトを装着するとしましょう。
普通ですと撃つ度に前後動させるフォアエンドに装着したくなります。
しかし、稼動部分なので当然ガタツキもあり、また操作する度に手と干渉してしまいます。
ライトは特に、使いたいときに使いやすいところにあるのが重要なのです。
となると、フォアエンドは少々不便な状況もあり得るのです。


そこでこのミニレイルシステムは、フォアエンドの更に先に装着されます。
少し手を伸ばした先というのは非常に使いやすいポジションで、かつガタガタ動いたりすることもなし!
このポジションは、非常にいいポジションなんですね。

このミニレイルシステムなんですが、このアイテムは実に芸が細かい!
写真では左面を示していますが、レールは片側二面ずつ搭載可能!
もちろんボトムにも搭載できるので、全部で五面にレールが装着できるのです。

更に更に。
マガジンチューブが延長されているのもまた魅力!

ほぼマズル部分にまで到達するマガジンチューブは、かなりタクティカルな印象になります。
ノーマルだとフォアエンド付近でマガジンチューブが終わってしまうので、少し寂しいんですよね。
拡張性向上だけでなく、さり気ないドレスアップにも有効なアイテムです。


さて!!お次はこちら!

M870レイルフォアエンドです。
アルミ製なので強度も高く、様々なオプショナルパーツの搭載に対応しています。
特にフォアグリップの搭載は有効ですね。
コッキングが軽いガスショットガンだけに、更に素早い連射が可能になるでしょう。
そういった機能的な意味合いはもちろんですが、リアリティ溢れる外観もまたカッコいい!

レイル部分にはナンバリングが施されており、取り外したエクイップメントを再び取り付ける際などに役に立ちます。

もちろん底部にもナンバリングが。
頭文字の「B」は、底部を意味する「Bottom」の頭文字なんでしょうね。


ちょこちょこ文中で、M870がガスショットガンであることに触れて参りました。
その言葉からだけでも、軽いコッキング動作はご想像頂けると思います。
それだけでなく、コッキングのストロークが短いのも特徴なのです。

このハンドガードのポジションから更に10㎜ほど後退しますが、それでもショートストロークといえます。
動作の軽さとも相まって、数あるショットガンの中でも高い連射性を誇っているのです。
3発または6発同時発射というショットガンらしいファイアリングもまた、この銃の魅力です。


しかし、その場合問題になるのが「装弾数」です。
ショットシェルを模した小型のマガジンは持ち運びやすく大量に・・・と申し上げましたが、装弾数は多いとは言えません。
とはいえ、マガジンには30発装填できるので、3発同時発射なら10回、6発同時なら5回発射可能です。
実銃のショットガンでもM870ならマガジンの容量は5発程度ですが、エアガンとしてはちょっと寂しい数値ですよね。
バカバカ撃ちまくりたい!でも、そうするとマガジン交換が・・・
そんなお悩みをお持ちの方にオススメしたいのがこちら!!

サイドプレートシェルホルダーです。
レシーバー側面という非常にアクセスし易いポジションに、マガジンをずらっと並べることができるのです。
リロードの時間が相当短くすることができるので、これでガンガン撃つことができるんですね!
画像ではシェルが垂直にならぶスタンダード仕様で、6本の保持が可能です。
また、操作し易い角度がつけられるアングルマウント仕様での運用も可能です。
また、さり気なくベースプレートにはカーボンが奢られております!

カーボン「調」ではなく、リアルにカーボンですよこれ!
ドレスアップ効果もバッチリ!
ちなみに、このプレートの固定はレシーバーピンで行います。

なんと、ハードフレームロックピンが標準装備!
これで耐久性も向上してしまうんです。


さてさて、次は大物です。
なんと全長は420㎜!
装着すると一気に表情が変わる、M870タクティカルトップレイルです。

「ショットガンにダットサイト?」とお思いの方もいらっしゃるでしょう。
しかし、マルイのショットガンはそれが成立するのです!
弾がバラバラに飛んでいく印象の強いショットガンですが、マルイのショットガンはまとまって弾が飛んでいきます。
その精度はショットガンらしいラフな照準ではもったいないほど!
遠距離を狙うときはもちろん、近距離でも特にダットサイトは有効に働くのです。

バレル基部部分を保護するヒートシンクもショットガンらしいデザインを表現しております。
この部分はトップレイルに付属しているので、取り付けるだけでこのデザインが手に入ります。
そして、これがトップレイルの本懐、ダットサイトの搭載です。

敢えて小型のダットサイトを搭載してみました。
バレルに近い位置に搭載できるので、バレルとの上下偏差が少ないんです。
特に近距離ではこのセッティングが使いやすくなります。


さて、これだけ大きいアイテムだと、取り付けも大変そう・・・ですよね。
しかしこれが、簡単なのです。

フロント部分はマガジンチューブにリングを通して、そのリングにネジ止めで固定します。
リアは純正のレイルを外して取り付けます。


先ほど、レシーバー側面に取り付けるサイドプレートシェルホルダーをご紹介しました。
んが、それでは足りない!という撃ちまくり派のアナタ!
こんなのはいかがでしょうか?

ショットガンシェルスリングアタッチメントです。
ぱっと見はショットシェルを内包できるスリングのようですが、スリングに装着するシェルポーチなのです。

このように、ベルクロで固定するのでスリングに限らずベルトなどにも装着できる汎用性の高いアイテムです。
今回このM870に装着しているスリングはsatelliteのLMG2ポイントスリングタイプVなんですが、
このスリングも中々ステキ!

特に重装備の際、スリングを外すのって大変ですよね。
そんな時、ワンタッチで取り外せるこのスリングは大変便利!
更に更に!
スリングの伸縮もワンタッチなのです。

ベルトを引くとスリングが締まり、パラコード側を引くと緩みます。
左右に持ち替える時に緩めたいときはパラコードを、銃を身体に引きつけたいときはベルトを引けばOKです。
ベルトかパラコードかで機能が変わるので、ブラインド操作も可能ですね。




そしてフラッシュハイダー!
このパーツは完全にドレスアップアイテムです(笑)
しかし、ノーマルのM870はタクティカルな雰囲気に欠けるのは事実でしょう。
その表情を一気に戦闘的にしてくれるのがこのM870ストライクハイダーType-Bです。
実物にもこういったデザインのハイダーは存在し、もちろんそのデザインには意味合いがあります。


スリット部分にワイヤーを通して発砲することによって、ワイヤーを切断するんですね。
なのでこのデザインは「ワイヤーカッター」と言われております。



フロントサイトに食い込むので、間違って回転してしまうなんてこともありません。


ノーマルのM870は、タクティカルというには少々アッサリしたデザインです。
しかし、こうしてカスタムパーツをてんこ盛りにすればこのとおり!
かなり戦闘的なデザインに生まれ変わります。
また、今回ご紹介したパーツの殆どは、取り付けも簡単なのです。
つまり、ノーマル状態に戻すのも簡単!
スタイルは大きく変わりますが、コレでも「お手軽カスタム」の範疇に収まってしまうのです。
いやー、ホントにカスタムは楽しいですねぇ。


 



Photo&Text:モロ☆
 




今回のカスタムで使用したパーツはコチラ!



東京マルイ ガスショットガン M870
ミニレイルシステム/DX

販売価格:10,584

東京マルイ ガスショットガン M870
トップレイル

販売価格:13,824 円

東京マルイ ガスショットガン M870
レイルフォアエンド

販売価格:14,904 円

東京マルイ ガスショットガン M870
ストライクハイダー タイプB

販売価格:4,860

東京マルイ ガスショットガン M870
フロントスイベル/マルチ

販売価格:2,376 円

ショットガンシェル
スリングアタッチメント

販売価格:14,904 円